住宅ローン審査の勤続年数、転職、派遣の人

住宅ローンの頭金ゼロと自己資金ゼロ

住宅ローンの年収や勤続年数などの基準を充分満たし、銀行から融資を受けられそうなとき、
頭金ゼロあるいは自己資金ゼロというのは可能なのでしょうか?


まず「頭金」ですが、これは住宅施工業者やマンション販売業者に支払うものです。
住宅建設の途中段階で必要な検査や資材調達の費用を、建築する業者が全て立替払いをしなくてもいいように、
ある程度の資金を購入者からもらっておこうというものです。


多くの金融機関では住宅金融公庫の一般融資とは異なり、この「中間資金」の対応をしていないので、
自己資金で対応することになります。最低でも予約金や手付金として必要な何十万円かは、
購入者は自己資金で払わないといけないので、引渡しまで業者には一切資金を払わない、つまり
頭金がゼロということはないでしょう。


自己資金ゼロというケースはよくあります。『住宅取得資金の2割程度は「自己資金から」用意しなければならない』
とよく聞きますが、必ずそうしなければいけないことはないんです。


多くの金融機関では100%融資も取り扱っていますし、住宅金融公庫一般融資やフラット35では、
住宅ローンは住宅取得資金の8割までが融資額の上限となっているので、残りの2割はそれ以外で
調達しなければならないことになっていますが、「残りの2割」のための「併せ貸し」という住宅ローン商品
(併せ貸しによって住宅取得資金の100%を融資する)を扱っています。


住宅所得には「諸費用」というのがケースによって3〜10%ほどかかります。これを払うためにも、
自己資金が2割程度必要とも言われるのですが、これも、「諸費用ローン」や「フリーローン」などで
「別途借り入れ」することができます。


■業界で最低水準金利がずっと続く、SBI住宅ローン【フラット35】をチェックするなら


                  >> SBIモーゲージ(SBIの公式HP)